読み込み中 . . .
中止

コショウダイ

Plectorhinchus cinctus (Temminck and Schlegel, 1843)

形態・特徴 頭部の有鱗域は広く、涙骨上にも広がる。また、眼の下縁は吻端よりも上方に位置し、側線有孔鱗数は53~57枚と少ない。体側に3本の灰色の斜走帯があり、背側に小さな暗色斑が散在する。若魚はこの特徴に加え、背鰭と尾鰭が黄色味を帯びることがある。また、稚魚では体が茶色く、尾鰭が透明である。
分布 主な分布域は神奈川県以南の太平洋岸および新潟県以南の日本海岸、瀬戸内海、有明海、小笠原諸島。~朝鮮半島、台湾、タイランド湾、インド洋。
生息環境 沿岸浅海の岩礁域やその周辺の砂底に生息し、河川汽水域へも進入する。稚魚は枯葉に擬態しているのか、浅海や汽水域の海底付近を枯葉や枯枝などに紛れて漂って泳ぐ姿が観察されている。産卵期は初夏とされる。
食性 甲殻類、多毛類や小型魚類などを捕食する動物食性。
その他 美味な魚で漁獲されると市場流通するが、資源量はそこまで多くないようである。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません