読み込み中 . . .
中止

ナミフエダイ

Lutjanus rivulatus (Cuvier, 1828)

形態・特徴 フエダイによく似ており、長い間フエダイと同種とされていた。本種の頭部には青い細縦線があることで区別できる。成魚は体高が高い。幼魚の体側には白色斑がある。大きいものは体長70cm近くになる。
分布 幼魚は三浦半島などでも記録はあるが、大型の個体は和歌山県以南、琉球列島。~インド-太平洋。
生息環境 成魚はサンゴ礁域や岩礁域に生息する。幼魚は河川汽水域の周辺などに見られ、黒潮にのって南日本太平洋側の沿岸にも見られたりする。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 成魚は釣りなどで漁獲され市場にもでる。肉は白身で美味だという。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません