スミツキハナダイ

Selenanthias analis Tanaka, 1918

分布 南日本。台湾、オーストラリア北西部。やや深い砂泥底にすむ。
特徴 体は赤色、やや体高がある。頭部に黄色帯がある。背鰭はどの棘もどの軟条も長く伸びない。雄は臀鰭に黒色斑がある。体長10cmほど
生息環境 水深100m以深の岩礁域に生息するが、あまり多い種類ではない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません