形態・特徴 本科魚類は雌雄で体の大きさが全く異なることが知られている。ここで示す形態・特徴は基本的に雌のものである。
体色は黒っぽい。眼は極めて小さい。皮膚は皮質突起でおおわれビロード状となる。背鰭の前方に3個の肉質突起がある。体長30cmであるが、雄はもっと小さい。
分布 駿河湾以北、秋田県沖、九州―パラオ海嶺。世界中の海域。水深450~710mの中深層を遊泳する。
生息環境 中深層遊泳性で、水深450~710mに生息する。
その他 雄は雌に寄生することが知られている。深海底曳網で漁獲されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

はるのぶさんが日本 神奈川県 油壷マリンパークで撮ったミツクリエナガチョウチンアンコウ

日本 神奈川県 油壷マリンパーク

2005.08.08