読み込み中 . . .
中止

スミツキハナダイ

Selenanthias analis Tanaka, 1918

分布 南日本。台湾、オーストラリア北西部。やや深い砂泥底にすむ。
特徴 体は赤色、やや体高がある。頭部に黄色帯がある。背鰭はどの棘もどの軟条も長く伸びない。雄は臀鰭に黒色斑がある。体長10cmほど
生息環境 水深100m以深の岩礁域に生息するが、あまり多い種類ではない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津 内浦湾で撮ったスミツキハナダイ

日本 静岡県 沼津 内浦湾

2015.04.12

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津市 内浦湾で撮ったスミツキハナダイ

日本 静岡県 沼津市 内浦湾

2019.12.31

宮本克己さんが日本 和歌山県 串本町で撮ったスミツキハナダイ

日本 和歌山県 串本町

2000.06.04

Ryota  Hasegawaさんが日本 静岡県 沼津市 内浦湾で撮ったスミツキハナダイ

日本 静岡県 沼津市 内浦湾

2019.12.31

宮本克己さんが日本 和歌山県 串本町和深沖で撮ったスミツキハナダイ

日本 和歌山県 串本町和深沖

2000.06.04

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する