読み込み中 . . .
中止

オオモンカエルアンコウ

Antennarius commersoni (Latreille, 1804)

形態・特徴 色彩や斑紋は変異にとむ。背鰭第2棘の後方には皮膜がある。胸鰭の軟条は分岐している。体長30cmほどになり、カエルアンコウの仲間としては大型種。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、山口県日本海側、長崎県、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋域、東太平洋熱帯域。ハワイ諸島にも分布する。
生息環境 岩礁やサンゴ礁域の浅所で見られる大型種。生息水深はふつう45m以浅。
食性 他のカエルアンコウ同様小魚などを捕食する。
その他 主に定置網や刺網、ごくまれに釣りでも漁獲される。観賞魚として人気があり、水族館でもよく飼育されている。食用魚としてはあまり知られていないが、揚げ物などにすると美味しい。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません