ボンボリカエルアンコウ

Antennarius hispidus (Bloch and Schneider, 1801)

形態・特徴 カエルアンコウにきわめてよく似ているが、本種では吻上棘の先端にある皮弁、ルアーは一塊の羽毛状となっている。色彩はカエルアンコウ同様で変異がある。体長15cmに達する。
分布 田辺湾以南。インド・太平洋。
生息環境 水深90m以浅の岩礁や砂泥底に生息する。
食性 カエルアンコウ同様小魚などを捕食する。
その他 底曳網や刺し網などで漁獲されることもあるが食用にはなっていない。観賞魚として流通することがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません