読み込み中 . . .
中止

マハタ

Hyporthodus septemfasciatus (Thunberg, 1793)

分布 北海道南部以南、東シナ海。~台湾。インド洋にもすむといわれている。沿岸浅所~深所の岩礁域にすむ。
特徴 体は褐色で、体側には7本前後の横帯があるが、老成した個体では見られなくなる。尾鰭後縁部は幅広くて白くなっており、マハタモドキと区別できるが、この特徴は体長30cm以上で明瞭になる。このほか後鼻孔の大きさで区別することもできる。全長1mを超える大型種。
生息環境 幼魚は岩礁や内湾などで見られ、ごく浅い場所に出現することもあるが、成長とともに深海にうつる。東シナ海では110~300mの海域に生息し、160m前後以浅での漁獲が多いといわれている。
食性 動物食性で、魚類のほか甲殻類やイカなどを捕食する。
その他 釣り、定置網、刺網、底曳網などによって漁獲される。重要な食用魚で刺身や焼き物、揚げ物、鍋物などで非常に美味。近年は養殖も盛んにおこなわれている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません