ファウラーズサージャンフィッシュ

Acanthurus fowleri de Beaufort, 1951

外国産 外国産

分布 フィリピンからニューギニア、ソロモン諸島にかけての西太平洋とオーストラリア北西岸。
特徴 鰓蓋後方に特徴的な模様があることからほかのニザダイとは容易に区別できる。尾鰭は黒っぽく上下葉は白または黄色っぽい。尾柄の棘の周囲は黒っぽい。全長40cmほどになる。
生息環境 主にサンゴ礁域に生息する。
食性 主に藻類を捕食するものと思われる。
その他 ニザダイの仲間は観賞魚として人気があり、本種も観賞魚としてたまに輸入されて来る。本種やその近縁種は、よく泳ぎ、やや大きくなるために小さな水槽では飼育しにくい。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんがフィリピン ボホール島のセントラルマーケットで撮ったファウラーズサージャンフィッシュ

フィリピン ボホール島のセントラルマーケット

2014.05.29