読み込み中 . . .
中止

アヤメカサゴ

Sebastiscus albofasciatus (Lacepède, 1802)

形態・特徴 カサゴと非常によく似ているが、体色の橙色が強く、体側には黄色の虫食い状、もしくは網目状斑紋を有する。眼の下にはカサゴにはない棘をもつ。胸鰭軟条数は16-18で、17が多い。体長は大きいもので24cmほど。
分布 茨城県以南の太平洋岸、新潟県以南の日本海岸、屋久島近海、東シナ海。~済州島、台湾、香港。
生息環境 水深30-200mの岩礁域海底に生息する。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 卵胎生で仔魚を産む。南房総近海では4月ごろに産むとされている。カサゴよりも生息水深は深く、主に船釣りの対象魚となる。ほか、底曳網、桁曳網などで漁獲される。数はあまり多くはないが美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません