読み込み中 . . .
中止

イトヒキイタチウオ

Homostolus acer Smith & Radcliffe, 1913

形態・特徴 体は淡い黄土色で、背鰭と臀鰭は黒く縁取られる。腹鰭は著しく長く臀鰭起部を越えるのが特徴。側線は幅広く、側線鱗は変形する。
分布 東北地方太平洋沖、駿河湾、熊野灘、土佐湾。〜台湾南部、ミンダナオ島、チモール海、スル海、セラム海、オーストラリア北西岸、タスマン海、ニューカレドニア。
生息環境 水深300-1000m
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する