ムグラヒゲ

Coelorinchus kishinouyei Jordan and Snyder, 1900

分布 東京湾以南の太平洋側。
特徴 トウジン属の中では吻が短く、上から見ると幅広く見える。
近縁種のキュウシュウヒゲとは胸鰭付近の黒色斑が明瞭にあること、腹側を見たとき発光器(黒色の筋)の前端が腹びれを超えないことで見分ける。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。