読み込み中 . . .
中止

クロサギ

Gerres equulus Temminck and Schlegel, 1844

特徴 全長25cm。体色は銀白色で、腹鰭、臀鰭および尾鰭の下縁部は鮮やかな黄色を呈する。鱗は大きく剥がれやすい。口は前下方に突出させることができる。
分布 佐渡島・房総半島以南の南日本、琉球列島はのぞく。朝鮮半島南部。沿岸の砂底にすむ。
生息環境 沿岸性で内湾や浅い砂地の場所を好む。汽水域にも進入する。幼魚はタイドプールに進入する。
食性 底生動物などを食べる。
地方名 スミヤキ(三重尾鷲市)、ムギメシ(和歌山県)、アマギ(高知県)、アギナシ(高知県西部)、シジュウ・シジュウゴ(長崎県)、シジュメ(熊本県天草)、サギ(熊本県水俣市)、アメノイオ・アメウオ(宮崎県)、アマジン(宮崎県南部)、 アメン・アメンイオ・アメウオ(鹿児島県)、アマイユ(沖縄県本島)、コーフー(沖縄県西表島)
その他 良く似た種にミナミクロサギがいるが、写真での区別は難しい。ミナミクロサギは琉球列島に生息する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません