サガミソコダラ

Ventrifossa garmani (Jordan and Gilbert, 1904)

分布 南日本太平洋側、沖縄舟状海盆。水深310-720mの深海底にすむ。
特徴 ソコダラの仲間は鰭条数、頭部や体側の鱗の形状やその分布、顎歯の形状や数などから同定することが多く、写真からの同定は難しいものが多い。本種はミサキソコダラに似るが側線上方横列鱗数が5~6と少なく、約9のミサキソコダラと区別できる。全長30cmほど。
生息環境 他のソコダラ科魚類同様深海性であるが、本種はその中でもやや浅い水深200m前後でも採集されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません