読み込み中 . . .
中止

コブダイ

Semicossyphus reticulatus (Valenciennes, 1839)

特徴 温帯にすむベラの仲間としては最大級で、全長1mを超える。幼魚のときは、体側に1本の白色縦帯があり、背鰭、臀鰭軟条部に黒斑があり、尾鰭も黒い。大きくなると頭部に「こぶ」ができ、下顎も出張る。これは雄の特徴とされていたが、雌でも大きな個体には「こぶ」ができるようである。
分布 下北半島・佐渡島以南の沖縄県をのぞく各地。朝鮮半島、南シナ海。岩礁域にすむ。
生息環境 岩礁域に生息する。
食性 動物食性で甲殻類や軟体動物などを捕食する。
その他 大きくなるので釣りの対象魚としてよい。食用魚で刺身、揚げ物、焼き物、煮物に向く。日本海側ではダイバーにもよく観察され人気である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません