読み込み中 . . .
中止

マルソウダ

Auxis rochei rochei (Risso, 1810)

形態・特徴 全長は60cm程度にまでなる。本種はヒラソウダとよく似ており、「ソウダガツオ」と呼ばれて混同されて扱われることも多い。しかし、有鱗域が第2背鰭の起部を越えること(ヒラソウダは越えない)、鰓蓋上端の暗色斑が頭部背面の暗色域と繋がっていること(ヒラソウダは繋がらない)などで見分けることができる。
分布 南日本。全世界の温帯・熱帯海域。
生息環境 沿岸域の主に表層を群泳する。
食性 動物プランクトン、小型魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 鮮度が落ちやすいため、ヒラソウダと混同して生節や削り節の原料とされることが多く、「ソウダ節」や「メジカ節」などとして加工品が流通している。とりわけ本種はヒスタミンが多く含まれる血合い筋が多いため、加工品でない生の状態で市場流通することは極めて稀である。しかし、遊漁で多く漁獲されるため、釣り人は工夫した調理方法で本種を食べる人も多い。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません