読み込み中 . . .
中止

アカナマダ

Lophotus capellei Temminck and Schlegel, 1845

形態・特徴 成魚の体は細長く強く側扁する。上顎は突出できない。頭部前縁はあまり突出しない。腹腔に墨汁嚢を有する。体長1.2m前後で、大きいものは2mに達するという。
分布 函館沖、相模湾~鹿児島県沖、高知県沖、山口県沖。太平洋と大西洋の暖海域。沖合性の稀種とされる。
生息環境 主に外洋域のやや深海に生息する。
食性 肉食性。小魚やイカなどを捕食する。
その他 本種は墨を吐出するという、魚類としては珍しい行動をとる。釣り、マグロはえ縄、アマダイはえ縄などで漁獲されるが食用にはならないようだ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません