読み込み中 . . .
中止

サビハゼ

Sagamia geneionema (Hilgendorf, 1879)

特徴 体長10cmほど。頭部腹面に多数のヒゲがあること、体側中央に5つの黒色斑が縦列すること、第1背鰭の前方と後方に黒色斑があることが特徴。サビハゼ属はサビハゼ1種のみを含む。
分布 青森県~九州。沿海州、朝鮮半島南岸、済州島。浅海の砂底にすむ。
生息環境 内湾の砂泥底に生息する。幼魚は群がっており、成魚は単独で存在する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.03

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.02

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.02

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.02

日本 神奈川県 浦賀湾

2020.03.02

日本 神奈川県 浦賀港

2019.12.19

日本 兵庫県 豊岡市 カシマカンコー

2019.10.29

日本 神奈川県 浦賀

2019.10.28

日本 神奈川県 津久井浜

2019.10.24

日本 大阪府 泉南郡岬町深日港

2019.04.06

日本 北海道 檜山郡 江差港

2018.11.17

日本 神奈川県 横須賀市 海辺つり公園

2018.09.11

日本 千葉県 外房

2017.09.28

日本 神奈川県 三崎港

2016.10.31

日本 神奈川県 三浦半島

2016.09.24

日本 神奈川県 毘沙門港

2016.08.31

日本 静岡県 田子の浦港

2016.08.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する