読み込み中 . . .
中止

サビハゼ

Sagamia geneionema (Hilgendorf, 1879)

特徴 体長10cmほど。頭部腹面に多数のヒゲがあること、体側中央に5つの黒色斑が縦列すること、第1背鰭の前方と後方に黒色斑があることが特徴。サビハゼ属はサビハゼ1種のみを含む。
分布 青森県~九州。沿海州、朝鮮半島南岸、済州島。浅海の砂底にすむ。
生息環境 内湾の砂泥底に生息する。幼魚は群がっており、成魚は単独で存在する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません