ハンパラバーブ

Hampala macrolepidota Kuhl and Van Hasselt, 1823

外国産 外国産

分布 メコン・チャオプラヤ流域、マレー半島、インドネシア。河川にすむ。
特徴 体側には1本の黒色横帯がある。尾鰭上下端は黒く鰭は赤みを帯びた色彩。胸鰭、腹鰭、臀鰭も赤みをおびる。鱗は大きい。大きいものは全長70cmを超えるがふつうはもっと小さい。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。