読み込み中 . . .
中止

コジカイソハゼ

Eviota pellucida Larson, 1976

分布 琉球列島。~西太平洋。
特徴 アオイソハゼに非常によく似る。虹彩の裏側の白色線はつながっている(アオイソハゼではとぎれる)、脊柱の白色斑列は胸鰭上部から数えて8個である、(アオイソハゼでは7個)、小赤色斑は全体的に規則的に分布する(アオイソハゼでは背側にかたよる)などの特徴で区別できる。体長2cmほどの小型種。
生息環境 サンゴ礁域に生息する。水深3-15mの場所で単独で見られることが多い。
食性 他のイソハゼの仲間と同様であると思われる。
その他 本種は書籍「日本のハゼ」のなかの「イソハゼ属の1種-4」である。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 奄美大島 瀬戸内町

2015.05.14

日本 鹿児島県 奄美大島 瀬戸内町

2015.05.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する