マハゼ

Acanthogobius flavimanus (Temminck and Schlegel, 1845)

形態・特徴 第1背鰭棘は8棘。頭部にはひげがない。眼は小さい。背鰭軟条部や尾鰭には小斑の列がある。第2背鰭は1棘12-14軟条。頬や鰓蓋に鱗がある。アシシロハゼは本種によく似ているが頬や鰓蓋に鱗がない。ハゼクチは第2背鰭の軟条数が17-20軟条と多いことで区別できる。体長20cmに達する。
分布 北海道~種子島。沿海州、朝鮮半島、中国。オーストラリアのシドニー湾と、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ湾では、貨物船のバラスト水などで密航したマハゼが繁殖して「外来魚」問題を起こしている。内湾や河口の砂泥底にすむ。
生息環境 河口域付近を中心に、内湾の砂底、泥底に生息する。また干潟周辺にもよく見られる。
食性 基本的には肉食で、ゴカイの仲間や、甲殻類を捕食する。また大きいものは稚魚なども捕食する。
食味・料理 ハゼの柳川鍋(東京都)
地方名 ハゼ(青森県、福島県、茨城県ひたちなか市・鉾田市、石川県輪島市)、ゴンペ(青森県)、ゴンベー(青森県下北)、カジカ(宮城県松島湾、茨城県)、ドタハゼ・ドラハゼ(茨城県ひたちなか市)、カワギス(石川県金沢市・珠洲市)、クズ(石川県珠洲市)、ウズ(石川県能登町)、シロハゼ(山口県)
その他 繁殖期は早春で、雄が孔状の巣をつくりその中に産卵する。卵は棍棒型。全長15-20mmで底生生活を送るようになる。寿命が1年のもの(成熟が早い)と、2年のもの(成熟が遅い)が知られている。浮遊生活の中でバラスト水の中に混ざり、北米やオーストラリアにまで移動したものが定着した例がある。
沿岸域において釣りなどで漁獲される。美味で天ぷらやその他唐揚げ、塩焼きなどにする。きれいな海域のものは刺身にしても美味。
マハゼ属はゴビオネルス亜科にふくまれ、日本からは4種が知られる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
アイラさんが日本 兵庫県 明石市 瀬戸川 河口で撮ったマハゼ

日本 兵庫県 明石市 瀬戸川 河口

2024.05.30

俊章和田さんが日本 大阪府 大阪市港区 大阪港中央突堤夕陽のテラスで撮ったマハゼ

日本 大阪府 大阪市港区 大阪港中央突堤夕陽のテラス

2024.01.04

KAZZさんが日本 静岡県 浜名湖で撮ったマハゼ

日本 静岡県 浜名湖

2022.08.06

西野勇馬さんが日本 神奈川県 横須賀市で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 横須賀市

2021.09.28

chincabooさんが日本 千葉県 上総湊で撮ったマハゼ

日本 千葉県 上総湊

2020.12.10

chincabooさんが日本 千葉県 上総湊で撮ったマハゼ

日本 千葉県 上総湊

2020.12.08

はちさんが日本 静岡県 浜名湖で撮ったマハゼ

日本 静岡県 浜名湖

2020.08.31

アイラさんが日本 静岡県 浜名湖で撮ったマハゼ

日本 静岡県 浜名湖

2020.08.18

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.19

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.18

西野敬さんが日本 神奈川県 相模湾で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模湾

2020.04.17

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.17

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.17

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.16

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.15

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.15

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.14

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.14

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.14

西野敬さんが日本 神奈川県 相模川で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 相模川

2020.04.14

西野勇馬さんが日本 神奈川県 平作川河口で撮ったマハゼ

日本 神奈川県 平作川河口

2019.11.07