読み込み中 . . .
中止

キタノアカヒレタビラ

Acheilognathus tabira tohokuensis Arai, Fujikawa and Nagata, 2007

分布 青森県~新潟県の東北地方の日本海側と北陸地方。
特徴 雄の臀鰭は外縁が赤く、アカヒレタビラによく似ている。アカヒレタビラは東北地方太平洋側から関東地方に生息するのに、キタノアカヒレタビラは日本海側にすむ。
生息環境 平野部の湖沼やため池、用水路、河川下流部の緩急部に多く見られる。
その他 5~7月にイシガイ・タガイ、マツカサガイ、ヨコハマシジラガイなどに産卵する。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する