読み込み中 . . .
中止

トカゲハダカ

Astronesthes ijimai Tanaka, 1908

分布 相模湾、駿河湾、熊野灘、土佐湾、東シナ海、沖縄舟状海盆。~インドネシア近海、北西・南西オーストラリア、西部インド洋。陸棚斜面や海山周辺の中深層にすむ。
形態・特徴 尾柄下部に黒色帯を有する.
近縁のヤモリハダカとは黒色帯が大きく(vs.ヤモリハダカは黒色帯が小さい),尾柄部は尾柄長は尾柄高の1.2-1.8倍(vs.1.9-2.3倍).
追記 日本近海の沿岸でみられるトカゲハダカ科の中では最も多い.
夜間は水深60mほどまで浮上する.
桜えび漁では頻繁に混獲されるほか,底曳網や定置網でも入網することがある.
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する