読み込み中 . . .
中止

ノコバホウネンエソ

Polyipnus spinifer Borodulina, 1979

形態・特徴 後側頭骨棘が大きい。腹部発光器は10個。腹部上部発光器は3個。臀鰭は2つに分かれていない。前鰓蓋骨に棘が1本ある。同属近種とは尾柄下縁に小棘があること,尾柄下部発光器の黒色素が個々に独立していることで区別できる。
分布 相模湾~九州、九州-パラオ海嶺、沖縄舟状海盆。~西部太平洋北部。
生息環境 中深層遊泳性。水深100~350mの陸棚斜面にも生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

teramura akinori さんが 説明文の 形態・特徴 を編集しました 後側頭骨棘が大きい。腹部発光器は10個。腹部上部発光器は3個。臀鰭は2つに分かれていない。前鰓蓋骨に棘が1本ある。同属近種とは尾柄下縁に小棘があること,尾柄下部発光器の黒色素が個々に独立していることで区別できる。
2018.05.23 16:37