トゲウナギ科

Mastacembelidae

科の概要 体は細長い。ウナギの名があるが、ウナギとは全く別のグループで、同様にウナギの名があるがウナギの仲間ではないタウナギに近いといわれる。背鰭の前部はひとつひとつ離れた棘条となっている。吻の先端には肉質の突起がある。眼が退化した、盲目の種類も知られている。アジアやアフリカの淡水域に生息するが日本には生息していない。産地では食用になり、日本にも観賞魚として輸入されている。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。