ボウズガレイ

Psettodes erumei (Bloch and Schneider, 1801)

外国産 外国産

分布 インド・西太平洋、紅海、オマーン、南シナ海。いくつかの文献では本種は日本にも分布するとされているが不明。
特徴 背鰭は眼よりもかなり後方から始まり、背鰭、臀鰭の前部鰭条は棘状になるなどの特徴により、ボウズガレイはカレイ目魚類の中でも特に原始的なものとされる。口は大きく有眼側の口は下眼後縁を著しく超える。口には2列の強い歯を有する。眼が体の左側にある個体と、体の右側にある個体が殆ど同じ頻度で出現する。大型種で全長50cmを超える。
生息環境 やや深い海底に生息する。
その他 本種は釣りや底曳網漁業で漁獲され、食用魚となっている。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

Tanakaさんがスリランカ コロンボ魚市場で撮ったボウズガレイ

スリランカ コロンボ魚市場

2014.01.08

NOAHさんがフィリピン マニラのフィッシュマーケットで撮ったボウズガレイ

フィリピン マニラのフィッシュマーケット

2014.07.18