読み込み中 . . .
中止

レッドテールキャットフィッシュ

Phractocephalus hemiliopterus (Bloch and Schneider, 1801)

外国産 外国産

分布 南米。アマゾン川、オリノコ川流域。
特徴 1属1種。体側の白く太い縦帯と赤い尾鰭が特徴的で他の同科魚類と間違えることはない。吻端は丸みを帯びる。頭部に黒い斑点が見られる。全長1mを超える大型種。
生息環境 南米の河川に生息する。
食性 主に小魚や甲殻類などを捕食する。飼育下では配合飼料もよく食う。
その他 愛らしい姿から観賞魚として人気がある。日本では野生個体の他に東南アジアで養殖された個体が流通する。また胴体が短い品種なども知られている。他の魚をいじめることがあるため混泳は難しく、家庭の水槽では単独で飼育するほうが良い種であるが、かなり大きな水槽や水族館などではほかの魚と上手く飼育されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

レッドテールキャットフィッシュ

タイ Amazon BKK2

2013.05.07

レッドテールキャットフィッシュ

タイ バンコク郊外

2017.10.14

レッドテールキャットフィッシュ

タイ Amazon BKK2

2013.05.07

レッドテールキャットフィッシュ

フィリピン マニラ首都圏 マニラ

2015.09.22

レッドテールキャットフィッシュ

フィリピン マニラ首都圏 マニラ

2015.09.22

レッドテールキャットフィッシュ

フィリピン マニラ首都圏 マニラ

2015.09.22

レッドテールキャットフィッシュ

フィリピン マニラ首都圏 マニラ

2015.09.22

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する