読み込み中 . . .
中止

オオサカハマギギ

Netuma bilineata (Valenciennes, 1840)

特徴 全長50cm以上と考えられる。ハマギギに似るが口蓋骨の歯帯が3対あることで区別することができる。尾鰭は二叉する。
分布 新潟沖合。東南アジア、紅海、北部オーストラリア。汽水域に生息する。
生息環境 河口域に生息する。
その他 日本近海からは1個体しか確認されていない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません