アカザ

Liobagrus reini Hilgendorf, 1878

特徴 全長15cmほど。体色は基本は赤褐色だが場所によって変異もある。体は円筒形で、口ひげは6本あり、尾鰭の後縁は丸みをおびている。背鰭と胸鰭には棘があるので注意が必要である。
分布 宮城県・秋田県以南の本州、四国、淡路島、九州。河川上~中流の石にひそむ。
生息環境 水のきれいな場所を好み、河川の上流域や中流域に生息するが、動きが素早く石の隙間に潜むため、探すのはかなり難しい。
食性 水生昆虫を食べる。
その他 日本では1属1種。近年個体数が減少しており、環境省カテゴリでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

橋本健一さんが日本 福岡県 四万十川で撮ったアカザ

日本 福岡県 四万十川

2001.08.08

ウッキ-さんが日本 福岡県 博多湾流入河川で撮ったアカザ

日本 福岡県 博多湾流入河川

2006.09.20

農夫さんが日本 広島県 広島市の小さな川、海からは数十キロ上流で撮ったアカザ

日本 広島県 広島市の小さな川、海からは数十キロ上流

2022.02.08