読み込み中 . . .
中止

トウカイコガタスジシマドジョウ

Cobitis minamorii tokaiensis Nakajima, 2012

分布 静岡県太田川から三重県宮川までの東海地方。平野部の池沼、水田、農業用水路などに生息し、浅所の泥底や砂泥底を好む。
特徴 従来「スジシマドジョウ小型種東海型」と呼ばれていたもの。尾鰭の斑紋は横帯をなさないか、3~5列の横帯をなす。シマドジョウ種群とは雄の胸鰭にある骨質板が円形であることで区別できる。体長約4cmほどの小型種である。
生息環境 河川よりも農業用の水路などで見られることが多い種類である。
食性 飼育下では様々な餌を食うが、植物質の餌も含めバランスよく多くの餌を与えたい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません