読み込み中 . . .
中止

ズナガニゴイ

Hemibarbus longirostris (Regan, 1908)

特徴 全長15cm。ニゴイに似るが、体側や背鰭、尾鰭に暗色斑が散在することから区別できる。またニゴイは全長30cmを越えることもあるが、本種はそれほど大きくはならない。
分布 近畿地方以西の本州だが、一部で移植されている。朝鮮半島と中国の遼河。河川の中流域にすむ。
生息環境 河川の中流域の底層に生息する。
その他 全体的に体色は金色で昼は砂に潜り、夜は群れを作って行動することが多い。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません