ツチフキ

Abbottina rivularis (Basilewsky, 1852)

特徴 全長10cm。カマツカに似るが、唇の乳頭突起が不明瞭。背鰭の上縁がまるみを帯びている。体はカマツカに比べて太く短い。口は下方に開き、1対の口ひげがある。婚姻色はあまり目立たない。
分布 濃尾平野、近畿地方、山陽地方、九州北西部にすみ、宮城県、関東平野にも移植。~朝鮮半島、中国東部。緩い流れの河川やワンド、用水などにすむ。
生息環境 流れのあまりない灌漑用水路や湖に生息する。底質は泥底を好む。
食性 砂底を掘るようにして底生生物などを食べる。
その他 カマツカは30cmに達するがツチフキはせいぜい10cmを超える程度である。あまり食用にはされない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

沼さんが日本 新潟県 信濃川水系で撮ったツチフキ

日本 新潟県 信濃川水系

2023.08.15