読み込み中 . . .
loading
中止

ニッポンバラタナゴ

Rhodeus ocellatus kurumeus Jordan and Thompson, 1914

特徴 全長4~6cm。体高が高く、口ひげは無い。雄の尾鰭中央に赤色斑がある。タイリクバラタナゴと比べて小型。最大体長が小型なので、小さい個体でも綺麗な婚姻色を呈する。腹鰭の前縁に白線はない。産卵期は春。
分布 日本の固有亜種。濃尾平野、琵琶湖・淀川水系、京都盆地、山陽地方、四国北西部、九州北部に分布したが、外来魚であるタイリクバラタナゴとの交雑がすすみ純系は、ほとんどいない。平野部の浅い池沼など止水域にすむ。
生息環境 水草のある緩やかな流れの場所に多い。水が澄んだ場所や濁った場所にも生息する。
食性 雑食性。飼育下ではタイリクバラタナゴ同様、なんでもよく食べる。
その他 タイリクバラタナゴとの交雑が進み、純系のものは一部の個体群に限られるようになってきている。腹鰭の前縁に白線をもたないのが一般的だが、正確には遺伝的解析が必要である。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 熊本県 熊本県中部 農業用水路

2007.08.17

日本 熊本県 用水路

2016.06.03

日本 熊本県 熊本県中部 農業用水路

2007.08.17

日本 熊本県 熊本県中部 農業用水路

2007.08.17

日本 福岡県 累代繫殖個体

2017.07.24

日本 熊本県 熊本市 緑川水系

2018.03.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する