読み込み中 . . .
中止

オキイワシ

Chirocentrus dorab (Forsskål, 1775)

特徴 全長1m。体色は銀白色で、背鰭に黒色域がある。鱗は小さい。口は大きく両顎に大きな犬歯状の歯がある。また腹部には稜鱗が無く腹鰭は小さい。
分布 南日本。~インド・太平洋。沿岸域に生息。
生息環境 沿岸性。
食性 小型の魚類などを食べる。
その他 同じオキイワシ科魚類にChirocentrus nudusがいるが、両者は背鰭の黒色域の有無で区別される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません