ヤエヤマアイノコイワシ

Stolephorus mercurius Hata, Lavoue and Motomura, 2021

特徴 全長10cm。腹鰭より前方の腹部に稜鱗がある。インドアイノコイワシに似るが、上顎の後端が前鰓蓋骨後縁の直前に達することで区別することができる。
分布 石垣島。~東南アジア、ベンガル湾、アラビア海、マダガスカル北部、モーリシャス、東アフリカ。
生息環境 沿岸性で汽水域にも進入する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。