インドアイノコイワシ

Stolephorus balinensis (van Hasselt, 1849)

特徴 全長10cmほど。上顎の後端は前鰓蓋骨の前縁付近に達する。体色はクリーム色で半透明(骨がやや透ける)。体側にやや太い銀色縦帯が1本走る。
分布 沖縄島。~東南アジア、サモア、紅海、アフリカ東岸。内湾性で河口付近の汽水域にも入る。
生息環境 沿岸域に多く、水深の浅い場所や河川の汽水域も好む。
食性 口を大きく開け、プランクトンを鰓耙でこし取って食べる。
その他 本種の腹鰭前方の腹部には稜鱗がある。本土では稀で、この特徴的な体色から雑魚と扱われるのがほとんどである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Stolephorus balinensis (van Hasselt, 1849) に変更しました 学名の変更により
2021.04.24 16:37