オグロイワシ

Sardinella melanura (Cuvier, 1829)

特徴 全長15cmほど。腹鰭が8軟条で、尾鰭の両葉後端が黒い。体型的には同属のサッパに似るがこの尾鰭の色で区別できる。サッパの尾鰭両葉の後端も薄い黒色を呈する場合があるが、オグロオワシの黒色は強く、黒色域も異なる。
分布 小笠原父島。インドネシア、ニューギニア、サモア、西部インド洋。沿岸性で群れをなす。
生息環境 沿岸性で群れで生活する。
その他 本土ではあまり見かけないが、同属のサッパなどに混じって漁獲されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません