読み込み中 . . .
中止

カタボシイワシ

Sardinella aurita Valenciennes, 1847

特徴 全長20cm。体は細く、平たい。腹鰭は9軟条。鰓蓋後端にわずかであるが黒色域がある。大型の鮮時の個体は体背部の暗青色部分の下に薄いオレンジ色を呈する。腹部は銀白色。
分布 南日本、奄美大島。台湾、福建、フィリピン、スマトラ・ジャワ島、マレーシア半島東岸、オーストラリア西岸。沿岸で群れをなす。
生息環境 沿岸域に生息する。
その他 本土では稀であるが、鹿児島県や宮崎県ではまとまった数が水揚げされることがある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Sardinella aurita Valenciennes, 1847 に変更しました 学名の変更により
2021.04.24 16:22