読み込み中 . . .
中止

リュウキュウキビナゴ

Spratelloides atrofasciatus Schultz, 1943

特徴 全長8cmほど。キビナゴと非常によく似ているが、胸鰭軟条数が10~12(キビナゴは13~15)と少なく、眼が大きいことから区別することができる。ただし眼径については両者を並べて比較する必要があると考えられる。
分布 沖縄県。サモア、マーシャル群島。沿岸域で群れる。
生息環境 沿岸域に群れで生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません