読み込み中 . . .
中止

モヨウタツウミヘビ

Brachysomophis cirrocheilos (Bleeker, 1857)

分布 和歌山県、高知県、愛媛県、大隅半島、奄美大島、沖縄島。インド・西部太平洋、紅海。
形態・特徴 体は乳白色で、不明瞭な暗色横帯が多数ある。胸鰭が大きく、頭長(吻端から胸鰭基底先端までの長さ)の16%以上。体は細長く、尾部(肛門から尾鰭後端までの長さ)は全長の 51% 以上。両顎には鋭い円錐歯が多数あり、両唇には多数の髭をそなえる。全長1.6mに達する大型種。
生息環境 砂底域に生息し、巣穴を掘って潜っている姿がよく観察される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

IHさんが日本 宮崎県 串間市 恋が浦で撮ったモヨウタツウミヘビ

日本 宮崎県 串間市 恋が浦

2021.05.16

IHさんが日本 宮崎県 串間市 恋が浦で撮ったモヨウタツウミヘビ

日本 宮崎県 串間市 恋が浦

2021.05.16

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する