ミサキウナギ

Scolecenchelys aoki (Jordan and Snyder, 1901)

分布 青森県~長崎県、神奈川県~鹿児島県。
特徴 「ウナギ」の名があるが、ウナギ科ではなくウミヘビ科の魚類である。本種はニンギョウアナゴ亜科の魚で、尾鰭を有する。胸鰭はない。背鰭起部は肛門よりも後方にあるが、尾端付近に限られるということはない。歯は鋭い。主上顎骨歯は小型個体では1列、大型個体では2列。吻下面には縦溝があり、歯も見える。全長50cm近くになる。
生息環境 沿岸の浅海から水深60mほどの深さにまですむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

odukaさんが日本 静岡県 浜松市/浜名湖で撮ったミサキウナギ

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2010.08.07

odukaさんが日本 静岡県 浜松市/浜名湖で撮ったミサキウナギ

日本 静岡県 浜松市/浜名湖

2010.08.08

カイさんが日本 静岡県 浜名湖 弁天島で撮ったミサキウナギ

日本 静岡県 浜名湖 弁天島

2022.08.08

カイさんが日本 静岡県 浜名湖 弁天島で撮ったミサキウナギ

日本 静岡県 浜名湖 弁天島

2022.08.08

カイさんが日本 静岡県 浜名湖 弁天島で撮ったミサキウナギ

日本 静岡県 浜名湖 弁天島

2022.08.08

カイさんが日本 静岡県 浜名湖 弁天島で撮ったミサキウナギ

日本 静岡県 浜名湖 弁天島

2022.08.08