読み込み中 . . .
中止

オナガウツボ

Strophidon sathete (Hamilton, 1822)

形態・特徴 最長で3mに達するほど大きくなる種である。背鰭・臀鰭の縁辺は黒褐色を呈し、吻は丸みを帯び、眼の後下にも側線管孔が開孔し、脊椎骨数は183~196であることなどが特徴である。
分布 沖縄島以南。~インド・太平洋域。内湾の泥底域にすむ。
生息環境 内湾の泥底域に生息する。
食性 甲殻類や多毛類などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません