ドクウツボ

Gymnothorax javanicus (Bleeker, 1859)

形態・特徴 全長2mに達し、3mに達することもあるとも言われている大形のウツボ。鰓孔は楕円形の黒色斑で囲まれ、体側に黒色~褐色の斑紋が散在する。脊椎骨数は140~143である。
分布 種子島、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋、紅海。
生息環境 サンゴ礁域の浅所に生息する。
食性 甲殻類や魚類などを食べる動物食性。
その他 和名の「ドク」はシガテラ毒をもつことがあるからつけられたが、沖縄や台湾では食用になっている。ただし大型個体はシガテラ中毒の注意を払う必要がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません