読み込み中 . . .
中止

キツネメバル

Sebastes vulpes Döderlein, 1884

分布 北海道~九州までの日本海側、青森県~相模湾までの太平洋岸、瀬戸内海。朝鮮半島。
特徴 体側には太い灰色から黒色の横帯が背鰭の下方から広がるが、本種のこの横帯はやや不明瞭で、暗色の斑点が密に入る。尾鰭の後縁の白色帯は幅が狭く、ほとんどないものもいる。これらの点でタヌキメバルと区別できるが、両種は非常に似ており、両種をよく見ていないと同定は難しい。体長30cmに達する。
生息環境 岩礁域に生息する。やや深い場所にすむようで、釣りでは船釣りなどで狙うことが多い。
食性 動物食性で小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 釣りの対象魚として親しまれる。大型個体はおもに船釣りで狙う。食用魚で、刺身、煮つけなどにして美味。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません