読み込み中 . . .
中止

クラカケウツボ

Gymnothorax rueppelliae (McClelland, 1844)

分布 琉球列島。~インド・太平洋、紅海
特徴 体側には大きく太い黒色横帯が多数ある。口角には黒色斑がある。生時、頭部は黄色い粘液を被る。全長80cmに達する大型種。
生息環境 サンゴ礁域にすみ、昼間は岩の下などに潜み、他のウツボのように頭部を出していることはあまりないようである。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

Tsuneyoshi  Futemmaさんが日本 沖縄県 本島北部 ネオパークオキナワ で撮ったクラカケウツボ

日本 沖縄県 本島北部 ネオパークオキナワ

2021.06.13

Tsuneyoshi  Futemmaさんが日本 沖縄県 本島北部 ネオパークオキナワ で撮ったクラカケウツボ

日本 沖縄県 本島北部 ネオパークオキナワ

2021.06.13

Tsuneyoshi  Futemmaさんが日本 沖縄県 本島北部 ネオパークオキナワ で撮ったクラカケウツボ

日本 沖縄県 本島北部 ネオパークオキナワ

2021.06.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する