読み込み中 . . .
中止

ハナビラウツボ

Gymnothorax chlorostigma (Kaup, 1856)

形態・特徴 口腔内は白い。体色は、あずき色から黒褐色の地色で、白い円斑が散在すること、脊椎骨数が112~114であることなどが特徴。
分布 琉球列島。~インド・太平洋。サンゴ礁浅海域に生息する。
生息環境 サンゴ礁域の浅所に生息する。
食性 甲殻類や魚類、軟体動物などを食べる動物食性。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません