読み込み中 . . .
中止

クモウツボ

Echidna nebulosa (Ahl, 1789)

形態・特徴 体色は白色~黄色の淡色ベースに、黒色~茶色が横帯を形成するように入っている。歯は基本的に臼歯状であるが、性的二型を示し、成熟した雄では鋸歯縁を持つため犬歯状となる。
分布 高知県以南。インド・太平洋域。サンゴ礁域の浅所、礁湖内に多い。
生息環境 サンゴ礁域の浅所に見られ、タイドプールでもよく見受けられる。
食性 甲殻類や魚類などを食べる動物食性。
その他 外観が鮮やかなため、観賞魚として人気があり、市場に流通している。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません