読み込み中 . . .
中止

リュウグウハゼ

Pterogobius zacalles Jordan and Snyder, 1901

形態・特徴 体色は淡色で、体側から尾柄部にかけて黒色横帯が5本あり、尾鰭にも黒色帯がある。背鰭棘は伸長せずニシキハゼに似るが、ニシキハゼの帯は縦帯であるので区別できる。体長12cm。
分布 北海道~九州。済州島、黄海。岩礁性海岸にすむ。
生息環境 キヌバリやチャガラよりも生息水深が深く、岩礁性で水深30m前後にすむ。北方性の種。
食性 小型甲殻類などを捕食する。
その他 ニシキハゼ同様に釣りなどで漁獲されるが、普通食用にはなっていない。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません