読み込み中 . . .
中止

オグロオトメエイ

Himantura fai Jordan and Seale, 1906

分布 国内で標本による記録は沖縄県西表島のみ。~インド・西太平洋、バンダ海、ミクロネシア。
特徴 尾の背・腹両面に皮褶や隆起線はない。大きな尾棘がある。体背面は一様に暗茶褐色、腹面の縁辺は黒褐色、内側は紫褐色、尾は一様に暗褐で、縞や斑模様はない。体盤幅1mを超える大型種。
生息環境 河口域や内湾、サンゴ礁域に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません